薬剤師の求人に応募してみた経験

接客のスピードも重要

出来ることは接遇のレベルを上げることと、薬の関係で困っていることや病状などで丁寧な話しを聞いたりしたりすることだけです。
無論、こうした対応が薬剤関係の調剤報酬における管理料などに反映できるものになったりしますが、そのお金だけでは無くいやむしろ患者さんの病気が少しでも良くなれば良いという思いの方が強いですね。
求人に応募したときに感じた不安はそれほど大きなものではありませんでした。
ただドラッグストアというのは一般の調剤薬局よりも多くの人が訪れますので、ドラッグストアでの買い物をしに来た人であればほとんど問題になりませんが、処方箋を持ってきた人の場合待たせないように心掛けているところです。
他の患者さんの処方箋に時間をかけすぎたりして結果として処方箋を処理できずに待たせてしまうと信頼が損なわれると感じています。
そのため待たせないようにあるいは調剤で時間がかかるときにはその旨を説明するなどしているところです。
旧人に応募してみて実際に働く中で感じることですが、患者さんはしんどい思いをして調剤を待っています。
なるべく早くかつ確実に処方できるように、また誤りなく渡せるようにこれからも努力を続けます。

ドラッグストアでの薬剤師なら営業時間内だから良い経営安泰な所で薬剤師として働きたい接客のスピードも重要